今までつらい勃起障害をたった1人で抱えていましたよね。もう悩まないでください。勃起障害の原因や治療法について当サイトで詳しくご紹介いたします。

  • ホーム
  • 心理的要因からの勃起不全

心理的要因からの勃起不全

困っている男性

最近は、若い人でも勃起障害で悩むケースがあります。
勃起障害は、性交するときに勃起できないため、満足に性交ができない状態です。
勃起障害で悩んでる人は、日本国内に1000万人以上もいます。
高血圧や動脈硬化、糖尿病など、生活習慣病が原因となっている勃起障害もあれば、ストレスなど心理的要因で起きる勃起障害もあります。
高血圧や動脈硬化、糖尿病などの患者は、勃起障害が起きやすいので、気を付ける必要があります。
心因性の勃起障害は、現実心因と深層心因に分けることができます。
現実心因は、プレッシャーやストレスなどです。
深層心因は、幼児期のトラウマなどです。
深層心因が原因の場合、本人に自覚がないため、治療が難しいケースもあります。
また、日本人に多い原因が、仕事によるストレスです。
特に30代や40代など、会社での責任が増える年齢の人は、ストレスを抱えて男性機能が低下してしまう人が少なくないです。
30代や40代の男性は、生活習慣が乱れている人も多いので、血管壁が弱って症状を悪化させることもあります。
マスターベーションができるのにセックスできない場合、心因性の疑いがあります。
心因性の勃起障害になった場合は、バイアグラやカマグラで勃起障害を改善するのを目指しましょう。
専門クリニックの中には、これらのPDE5阻害薬による治療と併用して、カウンセリングを行なっているクリニックもあります。
お酒をよく飲む人は、治療中はお酒を控えた方がいいです。
また、PDE5阻害薬は、油の多い料理を食べた後に内服すると、吸収が悪く効果が十分に出ないこともあります。
PDE5阻害薬は安全な治療薬ですが、報告されている副作用もあるので、服用する時は、必ず医師の指導を受けて服用することが大事です。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索