今までつらい勃起障害をたった1人で抱えていましたよね。もう悩まないでください。勃起障害の原因や治療法について当サイトで詳しくご紹介いたします。

  • ホーム
  • 問診票でわかる勃起障害とその症状の危険

問診票でわかる勃起障害とその症状の危険

良く勘違いしている方が多いのが、勃起障害の診察は男性器の反応を調べると思い込んでいることです。
医師の前で男性器に刺激を与えてその反応を見られることを想像してみてください。
これだけで診察を受けようと思う気持ちを阻害させられるはずです。
実際はそのようなことはなく、問診票の診察を実施しています。
勃起障害の程度を調べるテストがあり、医師が質問をして、それに男性が答えるものです。
質問内容がプライバシーに関わることで、これは抵抗を感じる人もいるでしょうが、クリニック側も十分配慮していますので、医師と一対一で行うことができます。
その点は安心してください。
またED治療薬は服用が禁忌されている方がいます。
特に心疾患や脳、肝臓や腎臓と病気を抱えている方は、服用できないケースがあります。
そのことも医師から質問をされますので、正直に答えるようにしましょう。
よくED治療薬が欲しいと言った理由で、自身の持病を隠してしまう人も居ますので、そのようなことがないようにしてください。
リスクが高い治療薬であることを認識して服用することが大切です。
勃起障害をそのままにしていても問題ないという強がりな男性もいるでしょう。
確かに勃起は性行為にしか使わない機能になりますので、セックスをしない男性であれば問題ありませんが、性欲は人間であれば起きるはずです。
それを閉じ込めることはストレスを生み、健康を害することもあります。
また勃起障害は器質性と言って、体の変調によって起きることがあります。
糖尿病や高血圧と生活習慣病が引き起こしていることもあり、そのままにしていると危険が症状です。
勃起障害が身体の危険信号を発していることもありますので、症状を感じた場合は診察を受ける方が良いです。

人気記事一覧
サイト内検索