今までつらい勃起障害をたった1人で抱えていましたよね。もう悩まないでください。勃起障害の原因や治療法について当サイトで詳しくご紹介いたします。

悲しい男性

EDであってもセックスをしないからいいという男性もいるでしょう。
ただし性欲がある場合、その解消を男性ができないくなりますので、それはストレスと変化します。
ストレスは体に変調をきたすこともありますので、性欲を溜めこむことが良くありません。
また勃起不全というのは、生活習慣病によっても起きます。
特に糖尿病や高血圧といった症状から、勃起障害が起こることが確認されています。
生活習慣病というのは、命を落とすリスクがある症状です。
決して甘く見ることができない症状であり、勃起障害こそは生活習慣病の危険シグナルであることを自覚するべきです。
生活習慣病で起きる勃起障害は器質性EDと呼ばれています。
身体に起きた不具合によって引き起こされる症状です。
その他の器質性は、事故や外科手術によって神経や血管が傷ついたことによって起きることもあります。
また病気関連で勃起障害を起こす原因として薬剤性EDもそのひとつです。
血圧降下剤で勃起障害が起きることはよく知られていますし、また消化器系やうつ病の医薬品によっても勃起障害が起きることがあります。
あとは心の問題で起きる心因性も原因のひとつです。
早漏や勃起不全をパートナーから指摘されて心に傷を負ってしまい、勃起しなくなることもあります。
これらの原因は、直接的な要因を取り除くことで改善することがありますが、長期の治療が必要になることで、すぐには結果がでにくいです。
直接的な原因となっている部分を治療しながら、勃起不全の改善を図るED治療薬がありますので、セックスをする前に服用することで効果を示します。
一時的な勃起を施し、性的な刺激を与えることで改善しますので、このような医薬品を使って改善を図ることをおすすめします。
また、入手方法ですが病院で処方されますが、薬はネット販売から購入すると安価で入手可能です。
ネット販売だと個人輸入となるのでサイトによっては個人輸入代行サービスのあるところもあるので、そちらで購入してはいかがでしょうか。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索